キャロットシードについて

キャロットシードの効果は?

キャロットシードについて header image 2

使用上の注意点

2014年11月27日 · コメント(0) · 未分類

地球上の全ての植物は、太陽の光を葉に浴びることで水分や栄養を吸収して自分が育つための力に変えることができます。
アロマオイルは、その自然が与えてくれた植物などに溜め込まれた「植物のホルモン」です。
家事や育児、人間関係など多くのストレスに悩まされている現代では、アロマテラピーがとても人気になっています。
アロマオイルは単独で使うよりも2~3種を組み合わせて使うのが相乗効果が得られ有効的です。
いくつかの組み合わせによって癒されたり、健康維持に役立てたりするのがよいでしょう。
                                                                                    

しかし、無害と思われるアロマオイルですが、相性というものがあります。
使い方を間違えないよう注意しないといけません。
因みに女性ホルモンによって起こる不安・イライラ、月経痛などの悩み解消にはアロマオイルが効果的です。
只、妊娠中の女性はとても敏感になっており、車の運転時には避けたい組み合わせもあります。
                                                                                         

因みにストレスによる胃痛・腹痛・下痢・便秘・食欲不振・血圧降下・鎮静作用・不安・心配・ストレス・不眠などに効果があるとされるジャスミンやネロリ・セージなどは、集中力が薄くなり飲酒直後など悪酔いする可能性がありますので、やはり相性が悪いといえますので、妊娠36週目までは使わないほうが良いでしょう。
又、子宮刺激作用のあるフェンネル・ラズベリー・ラベンダーなども妊娠初期に使のはやめましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。