キャロットシードについて

キャロットシードの効果は?

キャロットシードについて header image 2

心への効能

2014年11月27日 · コメント(0) · 未分類

キャロットシードは、和名ではノラニンジンと呼ばれ、にんじんのように体に良い成分がたくさん含まれています。
主な芳香成分はキャロトールで、肝臓を強壮する作用や、腎臓の機能も調整します。
肝臓や腎臓の働きを高めることは、体の浄化にもつながります。
腸全体を浄化し、さらに利尿作用があるので、膀胱炎などの予防にもなります。
                                               af0100007666l                             

体内の毒素を排出し、身体を浄化するデトックス効果の高い精油ですが、心にも同じように働きかけます。
まず、強壮作用により精神的・肉体的に疲労した状態を緩和します。緊張感やイライラを鎮める作用もあり、不安やストレスを浄化します。
香りは漢方薬の匂いに近い、甘く温かく渋みのある香りなので、決して華やかさはありません。
しかし癒しがあって心安らぐ香りとしても知られています。神経の衰弱や無気力、うつ状態から救い出す効果もあるのです。
                                                                              

強いエネルギーを持つ精油なので、心を新たにし、強くしてくれます。
ホルモンの働きも助け、女性の月経周期の正常化にも役立ちます。
女性にとって嬉しいのは、スキンケアにも大変良いとされている点です。
老化によるシワを防止し、細胞を新しく生まれ変わらせる働きから、シミの防止も期待されています。
こういった事から、特に更年期を迎える女性に人気のある香りとなってます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。