キャロットシードについて

キャロットシードの効果は?

キャロットシードについて header image 2

キャロットシードの主な芳香成分

2014年10月22日 · コメント(0) · 未分類

キャロットシードの主な芳香成分は、セスキテルペンアルコール類のキャロトール・ダコール・モノテルペン炭化水素類のα-ピネン・セスキテルペンアルコール類のβ-ビサボレンからなります。キャロットシードはせり科の草木になり、精油の色は黄色から琥珀色になります。
                                                                     

香りはウッディー系の温かい香りがします。キャロットシードの作用は、強壮作用がありストレスや疲労困憊を取り除いて心を浄化させる作用があります。体内をきれいにする働きがあるので肝機能や腎機能を高める効果があり、体の中の毒素を排出させる効果があるといわれています。膀胱炎なども好転させる働きや痛風などの症状緩和にも有効といわれています。
                                                                                 

腸全体を浄化する作用や貧血の症状改善などにも効果があるといわれています。鼻やのどの粘膜を強化して、気管支炎や喘息など呼吸器系の疾患にも有効といわれています。肌への効能もあり、皮膚を再生して細胞を活性化させる働きがあるので、スキンケアとして利用することもできます。抗酸化作用もあるので、シミやそばかすなどを予防する効果もあります。キャロットシードと相性がよいエッセンシャルオイルは、ゼラニウム・ローズマリーなどになります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。